医療脱毛は早い!?横浜で素早く脱毛を完了させるコツとは

横浜エリアにはたくさんの脱毛サロン、医療脱毛クリニックがあるので、興味を持った人も多いはずです。しかし、脱毛のネックとなるのが、「かなりの期間がかかる」ということです。現に、脱毛が完了するまで3年以上かかるケースもあります。

ただ、脱毛店や脱毛器には色々な種類があり、選び方によっては脱毛期間を短くすることも可能です。今回は、横浜で素早く脱毛を完了させるコツを紹介します。

関連記事:横浜で医療脱毛をはじめたい時の比較ポイント

脱毛はなぜ時間がかかってしまうの?

施術を一回受けただけでは、ムダ毛を無くすことはできません。理由は、毛周期にあります。毛周期は、毛が生えて抜け落ち、再び生えてくる周期(サイクル)のことです。この周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つのパターンがあり、脱毛の光やレーザーはメラニン色素のある成長期のムダ毛にしか反応しません。

成長期の割合は、ムダ毛全体の約10~15%ほどとなっています。そのため、脱毛効果を実感するためには、「退行期」「休止期」の毛が成長期になるのを待ち、根気強く施術を受けることが必要になります。

脱毛サロンと医療脱毛の違い

脱毛の選択肢は、脱毛サロンの光脱毛、医療脱毛のレーザー脱毛の2通りに分かれます。この2つの大きな違いは、脱毛器の照射パワーです。脱毛サロンはお肌にマイルドな特殊な光を使った脱毛で、一方の医療脱毛は発毛組織を「破壊」するほどのパワーが出せます。

発毛組織の破壊は、本来医療機関でしか許されていないため、どうしても脱毛サロンは医療脱毛に比べると脱毛の効果が劣ってしまいます。

横浜で素早く脱毛を完了させるコツ

脱毛のスタートや完了は、早ければ早いに越したことはありません。あまりに期間が長かったり、効果が感じられなかったりすると、徐々に脱毛に対する情熱が冷めて、脱毛店に通うのがめんどくさくなってしまうはずです。

ここからは、横浜で素早く脱毛を完了させるコツについて紹介しましょう。

脱毛サロンではなく医療脱毛を選ぶ

前述した通り、医療脱毛では、医療用の強力なレーザーを使用し、毛根の細胞にダメージを与えていきます。

そのため、脱毛サロンよりも、少ない回数で脱毛を完了させることができるのです。全身脱毛に必要な回数は、脱毛サロンだと平均12~18回、医療脱毛だと平均5~8回となっています。

このように、医療脱毛は脱毛サロンの半分ほどの回数で脱毛を完了させることができるのです。毛周期に合わせると、「2~3ヶ月」に一回ほど通うのがベストとなります。仮に2ヶ月おきに通った場合、医療脱毛は1~2年程度で脱毛を完了させることができるでしょう。

通いやすく予約が取りやすい脱毛店を選ぶ

脱毛は必ずしも自分のペースで通えるとは限りません。脱毛店によっては数カ月先まで予約が埋まっていることもあり、こうなると自分の好きなタイミングで脱毛を進めることができなくなってしまいます。予約が取りやすい脱毛店の特徴には、「店舗が大きい(ベッド数が多い)「営業時間が長い」「ネット予約ができる」などがあります。

また、立地の良い脱毛店を選べば、時間に融通がききやすくなるので、通いやすくなるでしょう。脱毛を早く終わらせたいならば、通いやすく予約が取りやすい脱毛店を選ぶようにしてみましょう。

毛周期に合わせて通おう

毛周期は人によって個人差があるだけでなく、脱毛をする部位によってもバラツキがあります。毛周期を把握し、ベストのタイミングで施術を受けることで、効果的・効率的に脱毛をすることができるのです。ただ、毛周期は自分で判断するのは難しいと言えます。

カウンセリングなどに参加し、スタッフや看護師、医師などと相談することで、正確な毛周期を把握することができるでしょう。

もっと早く脱毛したいならば毛周期が関係ない脱毛方法を選ぶ

脱毛方式にも色々な種類があります。蓄熱式(SHR脱毛)は、メラニン色素ではなく、毛包(バルジ領域)をターゲットにした脱毛方式です。SHR脱毛は毛周期が関係なく、最短2週間で脱毛をすることができるので、従来のものよりも短い期間で施術が完了するのです。

横浜で素早く脱毛を完了させたいならば、脱毛器の特徴などを調べることが大切となります。

少しでも早く終わらせたい!脱毛効果を高めるコツは

人によって、同じ脱毛器を使ったとしても、効果が現れるまでの期間は異なります。例えば、肌の調子が良い人の場合、より強い出力で脱毛が可能となり、効果も実感しやすくなるでしょう。横浜で脱毛を早く完了させるためには、ちょっとした工夫や努力が大切になってくるのです。

ここからは、脱毛効果を高めるコツについて紹介しましょう。

正しい自己処理

毛が伸びていると、その毛にまで脱毛器の光やレーザーが反応してしまうため、脱毛をする時は事前に自己処理が必要になります。ただ、毛抜きで毛を抜くのはNGです。毛抜きを使うと毛根まで抜いてしまうので、脱毛効果がなくなってしまいます。

脱毛前の自己処理は、カミソリではなく電気シェーバーを使った方が肌への負担が少ないためおススメです。毛がある程度伸びてきた方は脱毛効率が悪くなるので、予約日の1~2日前にムダ毛を処理しておきましょう。

しっかりと保湿ケアをする

乾燥は、脱毛の天敵の1つとなります。肌が乾燥していると、肌のバリア機能が弱まり、脱毛時に肌のトラブルが発生しやすくなってしまうのです。場合によっては、施術を断られてしまうこともあり、そうなると通うペースが乱れることになります。

お風呂上りには、ボディークリームや化粧水を使って、肌にうるおいを与えましょう。また、規則正しい生活は、バリア機能を整え、美しい肌を育みます。バランスの食事や質の良い睡眠、適度な運動をすることにより、健やかな肌を維持しやすくなるでしょう。

日焼け対策を万全に

脱毛の効果を高めたいならば、なるべく日焼けをしないように気をつけることが大切です。日焼けしていると、ムダ毛だけでなく肌にも脱毛器の光やレーザーが反応しやすくなり、火傷や赤みなどの肌トラブルが発生しやすくなります。

トラブルを避けるためには、出力を弱めなければならず、そうすると脱毛の効果が下がってしまう可能性が出てきます。脱毛期間中は、紫外線対策やUVケアをしっかりと行いましょう。元々色黒な人や肌に黒ずみがある人は、SHR脱毛を選択するのも一つの方法です。

横浜で素早く脱毛したいなら医療脱毛を

脱毛のために、何度も何度も繰り返し脱毛店に通うのは、ストレスがたまります。横浜で脱毛を考えているならば、早く快適に脱毛ができる脱毛店を選びましょう。肌の調子を整えたりなど、脱毛方法を選んだり、毛周期を見極めたりすると、より早く脱毛を終わらせることができるようになります。

ツルスベ肌をいち早くゲットし、思いっきり夏を満喫してはいかがでしょうか。