横浜で医療脱毛をするならハーブ式医療脱毛に注目

横浜でも、医療脱毛を提供するクリニックはいくつか存在しますが、クリニックによって効果の出方には違いもあります。横浜では、ハーブ式医療脱毛に注目が高まっており、多くの人が利用しています。ここからは、ハーブ式医療脱毛にはどのような特徴があるのか、メリットがあるのかを書いていきます。

脱毛クリニック選びで悩んでいる人も参考にしてください。

関連記事:横浜の医療脱毛は個人経営と大手経営のどちらが良いか

痛みの少ない施術が提供されている

プロによる脱毛を利用すれば、長期にムダ毛の目立たないきれいな肌を維持できるようになりますし、自己処理では対応できない部分もきれいにすることができます。横浜でも多くの脱毛エステサロンがありますが、最近はエステサロンから医療脱毛に乗りかえる人も増えています。

医療脱毛は、以前からエステサロンの脱毛よりも優れた効果が得られるといわれてきました。それでも、医療機関を選ばずにエステサロンを選ぶ理由には、痛みが少ないということがあげられます。エステサロンでは、出力の弱い光による照射が行われていますが医療脱毛ではレーザー脱毛が主流です。

レーザーは毛根を破壊し、永久脱毛の効果もあるとされていますが高出力での照射なので痛みも強い傾向にありました。今でも、医療脱毛は痛いというイメージを持つ人もいますが、脱毛マシンもより高性能なものが登場し、今では優れた効果がありながらも痛みの少ないマシンが登場しています。

こうしたマシンを導入することにより、麻酔がなくても快適に施術を受けられるようになりました。

麻酔がいらないことは、その分費用を抑えることにもつながります。しかも、医療脱毛はエステサロンよりも早く効果を実感できるので費用の差も小さくなっています。

関連記事:横浜のクリニックで医療脱毛を受けるなら麻酔も検討してみよう

バルジ領域をターゲットにした施術

一般的なレーザー脱毛では、毛根をターゲットにしています。最近は蓄熱式と呼ばれるバルジ領域をターゲットにしたマシンを導入するサロンやクリニックも増えてきました。バルジ領域は皮脂腺の下辺りにあり、発毛因子が作られることがわかっています。

横浜ではハーブ式脱毛を提供するクリニックが存在し、話題になっています。ハーブ式脱毛では、バルジ領域を破壊する最新の脱毛機を導入しています。レーザー脱毛では、強いエネルギーで毛根にダメージを与えますが、ハーブ式では弱いエネルギーを毛包に向けて連続に照射することでバルジ領域にダメージを与えていきます。

レーザー脱毛は優れた脱毛効果がありますが、太い毛や濃い毛には強いものの、産毛には弱いという欠点もありました。ハーブ式では、弱いエネルギーで連続して照射する蓄熱効果があります。これにより、従来では難しかった産毛にも効果的な施術ができるようになりました。

弱いエネルギーの照射では、永久脱毛の効果が得られないのではないかという心配もありますが、効果も高く短時間で永久脱毛を可能にしています。

通う回数も少なくなる

エステサロンの場合は、痛みは少ないものの効果が出にくいこともあり、長期間に通うことも珍しくありません。一回の施術料金は安く設定されていても、回数が増えるとトータルでは高くなることもあるので注意が必要です。

個人差はありますが、全身脱毛を完了するまでに2年以上かかることもあります。その点、ハーブ式は弱いエネルギーでの照射でありながらも、短期間で完了できるのもメリットです。個人差はあるものの、最短なら4カ月という短時間で脱毛が完了します。

一回の施術料金は高くても、通う回数が少ないのでトータルではエステサロンよりも安くなる可能性があります。

安全性の高い施術が行われる

横浜でも、バルジ領域をターゲットにした脱毛を提供するエステサロンも増えてきました。それゆえ、特に医療機関を選ぶ必要はないと考える人もいるかもしれません。脱毛にはメリットだけではなく、リスクもありますのでやはり安全性は重視したいところです。

エステサロンでは、特に資格が必要ないエステティシャンが施術を担当します。医療スタッフではないので、もしも施術中に肌トラブルがあっても医療行為をすることはできません。その点、ハーブ式は医療脱毛なので、看護師などの医療の資格を持つスタッフが対応してくれます。

医療の知識を持っての施術なのでより安心できますし、もしもトラブルが発生しても迅速に手当てをすることができます。

関連記事:医療脱毛は早い!?横浜で素早く脱毛を完了させるコツとは

冷却をしながらの施術

エステサロンの脱毛はもともと低出力ということもあり、痛みが少ないのが特徴的です。ハーブ式も弱いエネルギーで照射をしますが、医療脱毛ということもあり、より痛みが強いのではないかという心配もあります。ハーブ式では、冷却しながらの施術になるので痛みもほとんど感じないとされています。

しかも肌トラブルのリスクも少ないとされているので、施術による肌荒れや火傷が心配な人にも安心できるのではないでしょうか。一回あたりの施術時間も短く、広い範囲の施術もスムーズです。ハーブ式では、どれだけの部位に対応できるのかも知っておきたいところです。

ハーブ式は、産毛にも強いので、顔や背中などの産毛にも優れた効果を期待できます。最近はVIO脱毛の人気も高まっていますが、VIOのようなデリケートな部位も安全に施術できると評判です。ハーブ式では、顔脱毛など気になる部位だけを選ぶこともできますし、全身脱毛のコースも用意されています。

それぞれのムダ毛の悩みに合わせて最適な施術を選んでいきましょう。

注意事項も確認しよう

ハーブ式医療脱毛は肌に優しく、痛みも少なくそれでいて早く効果を実感できることで人気が高まっています。メリットの多い施術ですが、実際に申し込む前には注意点も知っておきましょう。まず、肌に優しい施術ですが、極端に肌が弱い人や光過敏症の場合は施術がふさわしくない場合もあります。

まずは、カウンセリングで相談をし安全な施術ができるかどうかを確認しておきましょう。脱毛の前後は日焼けや予防接種、運動やサウナ、アルコールの摂取などの体温が上がるような行為は避けるようにします。施術部位は、シェービングをする必要もあるので、丁寧に剃っておきましょう。

メリットの多い脱毛方法

施術中の痛みが軽減されたことや低価格化が進んでいることもあり、横浜でもエステ脱毛から医療脱毛に切り替える人が増えてきています。

特にハーブ式は痛みが少なく肌へのダメージがほとんどないにもかかわらず、優れた効果を得られると評判です。レーザーでは難しかった産毛の処理も得意としています。

顔脱毛など、産毛処理を希望する人もチェックしてみましょう。

関連記事:横浜で医療脱毛をはじめたい時の比較ポイント