医療脱毛のジェントルマックスプロを導入する横浜の脱毛クリニックに行こう

横浜の医療脱毛クリニックで話題の脱毛機がジェントルマックスプロです。従来の脱毛機にはないさまざまなメリットを備えており、安全かつ効果的に脱毛したい人から選ばれています。

ここではジェントルマックスプロのメリット、照射時の痛み、副作用などについて説明しています。従来の医療脱毛やサロン脱毛に満足できない人はぜひ検討してください。

関連記事:横浜でメンズ脱毛するなら医療脱毛クリニックと脱毛サロンのどちらがよい?

2種類のレーザーでアプローチする

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーという2種類のレーザーを併用し、毛乳頭と皮脂腺、バルジ領域にまとめてダメージを与えられるのがジェントルマックスプロの特徴です。

FDAから承認を受けている医療脱毛機で、さまざまな毛質にアプローチできます。例えば、アレキサンドライトレーザー単体では産毛の処理には向いていませんが、ヤグレーザーは産毛処理が得意です。医療脱毛はサロン脱毛より高い脱毛効果を期待できますが、なかにはあまり効果を得られなかったという人もいます。

そうした人は自分の肌質と毛質に対して、脱毛機が合っていない可能性があります。肌質や毛質は身体の部位によって変わることが少なくありません。例えば、ヒゲやワキ毛は剛毛だけど、すね毛は薄いといった人がいます。

そうした人は複数の脱毛機を導入している横浜のクリニックを選ぶのがおすすめですが、ジェントルマックスプロであればこれ一台で全身に対応できます。肌質や毛質は外的な環境や季節により変わることがあり、それらの変化に対応できるジェントルマックスプロは万人向けの脱毛機と言えるでしょう。

関連記事:医療脱毛を横浜の脱毛クリニックで受けるおすすめポイントと注意点

脱毛の痛みを抑える工夫とは

ジェントルマックスプロによる脱毛は無痛ではありません。これは医療脱毛の宿命であり、高出力のレーザーを照射するので仕方のないことです。痛みの感じ方は部位によって異なり、一般的にムダ毛の多い部位は痛くなります。

例えば、VIOはチクチクした剛毛が高密度で生えていますし、肌自体が敏感なこともあって痛みが強くなりやすいです。だからといって出力を抑えすぎると肝心の脱毛効果が低下するため、ジェントルマックスプロでは冷却システムを取り入れています。

照射時に冷却ガスを噴射し、冷やしながら脱毛するわけです。脱毛時の痛みの多くは熱による刺激であり、熱を緩和すれば痛みを弱くできる仕組みです。冷却すれば脱毛効果が低下すると思うかもしれませんが、冷却をするのは肌の表面だけなので毛根にはしっかりとレーザーを届けられます。

皮膚が著しく敏感でジェントルマックスプロでも痛いという人に関しては、麻酔クリームを使用するなどして処置します。こちらは有料オプションになるのが一般的ですが、肌を鈍感にできるので痛みを大幅に軽減できるでしょう。

美肌を目指す人にもおすすめ

横浜の医療脱毛クリニックはムダ毛を処理するのが目的ですが、ジェントルマックスプロを導入しているクリニックならば美肌作用も期待できます。レーザーフェイシャル機能があり、メラニン色素の分解を促進できるのです。

若いころはシミがまったくなくても、肌の奥底にシミの卵が存在している可能性があります。シミは少しずつ表面化し、目立つようになっていくのです。若いころと比べて肌が全体的に黒くなった、くすみが気になるようになった、といった人はメラニン色素を除去していく対策をおすすめします。

それにより肌の透明感が甦り、本来のツルツル肌が復活するでしょう。レーザーフェイシャルにはキメを整える作用があるので、肌のたるみが気になり始めた人にも適しています。さらに開いた毛穴を引き締めて、汚れが蓄積しにくい肌に変えられます。

毛穴が開いてくると皮脂や雑菌が溜まりやすくなり、ニキビの発生リスクが高くなるのです。ジェントルマックスプロならムダ毛と肌トラブルという2つの悩みをまとめて解消できます。

関連記事:医療脱毛は早い!?横浜で素早く脱毛を完了させるコツとは

処理回数の目安は

ジェントルマックスプロを導入する横浜の医療脱毛クリニックで脱毛する場合、処理回数は5回程度が目安になります。サロン脱毛だと10回以上が目安となるので、その半分未満の回数に抑えられるのです。さらに医療脱毛のためサロン脱毛では実現できない永久脱毛が可能です。

毛包の再生を強力に抑えることで、長期的な減毛を実現できます。5回で十分な効果を期待できない場合は、追加で処理を受けてください。ムダ毛の状態をどのようにしたいかによっても処理回数は変わってきます。ある程度減らせればいい、遠くから見たときに目立たなくしたい、至近距離から見てもツルツル状態にしたい、などなど。

一般的に男性はある程度の減毛で満足する人が多いですが、女性はツルツルを希望する人が目立ちます。処理回数を増やさないための工夫としては、常日頃から肌を労わっておくことがポイントです。ジェントルマックスプロは安全な脱毛機ですが、サロン脱毛より出力は高いです。

肌が傷んでいると処理回数の増加につながる可能性があるので、いつも以上にスキンケアを徹底しましょう。

関連記事:横浜のクリニックで医療脱毛を受けるなら麻酔も検討してみよう

ジェントルマックスプロの副作用は

一般的な医療脱毛と同様に炎症やヤケドなどが副作用となります。肌が耐えられるレベルを超えた高出力レーザーを照射した、肌の免疫力が相当に低下していた、肌の保水力が減少していた、などが原因としてよくあります。

副作用のリスクを減らすためには、脱毛経験が豊富な脱毛クリニックを選ぶことが基本ですが、ほかにもスキンケアを徹底することも大切です。炎症やヤケドは肌免疫を低下させるリスクがあり、最も避けたいのは肌トラブルが習慣化することです。

横浜の医療脱毛クリニックで脱毛を受ける人は、特に保湿ケアを徹底しておいてください。炎症やヤケド以外の副作用には硬毛化があり、チクチクした硬い毛質に変化していくのが特徴です。身体の過剰な防御反応によって引き起こされる症状で、これはレーザー脱毛全般に見られています。

硬毛化したムダ毛を軟毛化させるには、繰り返し施術を受ける必要があります。途中で硬毛化しても自己判断で脱毛を中止せず、医師のアドバイスに従って対応してください。

ジェントルマックスプロの基本的な特徴

剛毛や産毛など異なる毛質に対応できるのがジェントルマックスプロです。医療脱毛機のため刺激は強いですが、冷却ガスを噴射することで痛みを抑えています。

レーザーには美肌作用があるので、脱毛をしながら美肌を目指せるのが魅力です。脱毛終了までの処理回数は5回が目安ですが、肌状態や希望する仕上がりなどによって左右します。処理回数や副作用を抑えて脱毛するためにも、肌が万全な状態で臨むようにしましょう。